今更聞けないパソコン用語 ダウンロードとインストールの違い

ダウンロードとインストールの違い パソコンの基本

実はわかっているようでわかっていない用語って
パソコンを使っているとよくありますよね。

今回は【ダウンロード】と【インストール】の違いについて紹介していきます。

ダウンロードとインストールという言葉はよく聞いたことあるけど
その違いや作業の流れがよくわかっていないなという方へおすすめします。

ダウンロードとは

まず、ダウンロードとはインターネット上にあるファイルやソフトを
パソコンやスマホに取り入れることを言います。

例えば、

インターネット上にある画像などを自分のパソコンに保存すること。

他にもWordやExcelのファイル、テンプレートやPDFなどを配布している
サイトがあると思いますが、
それらを自分のパソコンに保存することもダウンロードするといいます。

ダウンロードすることによって、自分のパソコンで閲覧したり、
編集したりすることが可能になります。

この他にも、フリーソフトなどをダウンロードすることもあると思います。
ソフト、アプリケーションはダウンロードするだけでは使えるようにはなりません。

インストールとは

アプリやソフトウェアをパソコンやスマホで使える状態にすることを言います。

ダウンロードしただけでは、アプリやソフトを使えるようになることはありません。

ダウンロードをしたあと、インストールするという作業を行うことで
初めてアプリやソフトが使えるようになります。

例えば、CDのついた会計ソフトや年賀状ソフト購入したことはないでしょうか?
これは、CDの中に入っているソフトをインストールしてパソコンで使えるようにします。

また、インターネット上に配布されているフリーのソフトなども
ダウンロードしてインストールという作業をすることで
初めてそのソフトを使えるようになります。

まとめ

ダウンロードしてから、インストールするのが基本です。

画像やPDF、Word、Excelファイルは
すでにパソコンにそのファイルを開くためのソフトがインストールされているため、
ダウンロードするだけで使うことができます。

*WordやExcelはOfficeのソフトがインストールされていて初めて使えるようになります。

会計ソフトや住所録などさまざまな作業をするためのソフトは
インターネット上からダウンロードしてからインストールするという作業が基本となります。
(または、CDからインストールする)

ダウンロードとインストールの違い、なんとなく作業していると、
わかっているようでわかっていなかったこと、たくさんあると思います。

一度に全部を理解することは難しいですが、一つ一つ解決していくと
パソコンの作業が段々楽しくなってきますよ。

タイトルとURLをコピーしました