OSとアプリケーションソフトウェアの違いとは

OSとアプリケーションソフトウェアの違いとは パソコンの基本

パソコンを自在に使えるようになるには、
ハードウェアとソフトウェアというものが必要になります。

今回は、ハードウェアとソフトウェアの違いや
OSとアプリケーションソフトウェアの役割について
まとめていきます。

ハードウェアとソフトウェアとは

ハードウェアとは、パソコン本体や、ディスプレイ、プリンタなどの
物として動かす装置のことをいいます。

ソフトウェアとは、パソコン本体を動作させるための命令や手順をパソコンが理解できるように
プログラムされたもののことをいいます。

パソコンを動かすためには、ハードウェアとソフトウェアの両方が必要ということです。

アプリケーションソフトウェアとは

パソコンで具体的な作業をするためのソフトウェアを「アプリケーションソフトウェア」といいます。アプリやソフトウェア、ソフトなどと呼ばれます。

たとえば、

ワープロソフトなら Microsoft Word 「Word」 ワード

表計算ソフトなら Microsoft Excel 「Excel」エクセル

WEBブラウザなら 「Microsft Edge」  「Google Chrome」

住所録を管理、年賀状印刷なら 「年賀状用ソフト」(筆まめ、筆ぐるめなど)

 

ある具体的な作業をするための専用のソフトウェアがアプリケーションソフト(アプリ)といいます。

スマートフォンでも同じことが言えます。

OSとは

よく聞く「OS」とはOperating Systemの略で、
ハードウェアを用意したら、まず使いたいアプリケーションソフトを実行できる環境を整える働きをするおおもとのソフトウェアです。

【Windows10】などがよく使われるOSです。
スマホなら[ios][Android(アンドロイド)OS]など。

OSの中にはパソコンの基本的な操作である、
メモ帳やペイントなどのソフトウェアも付属しています。

そのため、アプリケーションソフトウェアが入っていない状態でも、
文字を入力したり簡単な作業をすることはできます。

ハードウェア➡OS➡ソフトウェアの順にパソコンを具体的に使えるようになります。

ソフトウェアのインストールとアンインストール

OSや一部のアプリケーションソフトは、通常パソコンの購入時にすでに入っています。
(プリインストールといいます)

その他に使用したいアプリケーションソフトは、自分が用意しなくてはなりません。
自分で用意したソフトをパソコンにインストールして使えるようにします。

また、使わないアプリケーションソフトは、
パソコンから削除する作業を行い、これをアンインストールといいます。

 

アプリケーションソフトをWindows10でアンインストールするには、
コントロールパネルプログラムカテゴリの中の
「プログラムのアンインストール」から行います。

【Windows10】コントロールパネルが見つからない悩みを解決する方法
Windows10では、だいたいの設定は【設定】のアプリを使うことで 解決できるのですが、 Windows7まで使っていた「コントロールパネル」を詳細な設定をするときに使いたいというときがあるかと思います。 Windows10...

プログラムのアンインストールを行うときは、
本当に必要ないものかどうかよく確認してから行う必要があります。

見覚えがなくてもWindows10のシステムに関するアプリケーションソフトだったりすると、

アンインストールしてしまうと、パソコンが正常に起動しなくなったりする場合があります。

パソコンが重たいからといって、
安易に見覚えのないソフトウェアをアンインストールしないように注意しましょう。

[Windows10]パソコンが重い クリーンアップの方法
パソコンが重たい、遅いなどの症状を感じると、イライラしてしまいますよね。 パソコンはサクッとファイルが開いて、サクッと見たいページがみれないと 気が済みません。 快適にパソコンが動くかどうかはパソコンの性能にもより...
タイトルとURLをコピーしました